Nexus7が初めてのタブレット、初心者向けのAndroid講座、操作方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Nexus7 の価格、値段、比較、google play 送料

Nexus7の価格と種類の比較


 Nexus7といってもいろいろな種類(スペック)があります。ここでは、種類(スペック)の違いによる、タイプと価格を紹介します。

※ 2013年に新型Nexus7が販売されるにあたり、初代Nexus7と新Nexus7の呼び方が以下の様に使い分けされています。

・2012年に販売されたNexus7・・・Nexus7(2012) 旧Nexus7 初代Nexus7 
・2013年に販売されたNexus7・・・Nexus7(2013) Nexus7 FHD 新Nexus7 次世代Nexus7 等



  新Nexus7(2013)


1. Nexus7(2013) FHD 容量16gb WiFiタイプ
Google Nexus 7 FHD Tablet (7-Inch, 16GB, Black)

 価格 27,800円 普通の使い方なら1年使っても16Gは持つと思います。1年後くらいに SDカードやUSBメモリー、PCへデータを転送する使い方をマスターすれば、十分使っていける容量です。




2. Nexus7(2013) FHD 容量32gb WiFiタイプ
Google Nexus 7 FHD Tablet (7-Inch, 32GB, Black)

 価格 33,800円  映画、TV番組を数本、小説、漫画 何冊も入れて置けます。初めから中規模程度の書庫として使っていこうと想定している方向けのタイプです。




3. Nexus7(2013) FHD 容量32gb WiFi+LTEタイプ
Google Nexus 7 FHD Tablet (7-Inch, 32GB,LTE, Black)

 価格 39,800円 WiFiルータを持ち歩き、操作する不便さから開放されます。SIMフリーなので、キャリアに縛られません。
 ただし、FomaのSimカードを使用する場合、山間部や郊外は入らないことがありますので下記のエリアを確認してから、検討してください。
Fomaサービスエリア  
※Nexus7 3GタイプはFOMAプラスエリアは非対応です。
※FOMAプラスエリア・・・山間部エリア





  初代Nexus7(2012)


 AndroidのOSも最新版が提供され続けており、とりあえず家にタブレットという方には価格パフォーマンスの高い1台です。下記の価格は発売当時の定価の価格です。現在ではもっと安価で発売されていますが、Nexus7に使われているリチウム電池の寿命からして、電池の持ち時間にはある程度割り切りが必要です。
 

 
4. Nexus7(2012) 容量8gb WiFiタイプ
Google Nexus 7 (2012) Tablet (7-Inch, 8G, Black)

  プレゼントキャンペーンで使われるNexus7は、大概これです。購入しやすいですが、8Gという容量には注意が必要です。通常の使い方なら、5Gの容量は1~2ヶ月程度で使ってしまいます。
 メールとWeb閲覧、電子書籍 数冊だけでよいという人、またはクラウドPCとして使いこなせる人のための機種です。




5. Nexus7(2012) 容量16gb WiFiタイプ
Google Nexus 7 (2012) Tablet (7-Inch, 8GB, Black)

 価格 19,800円で販売されています。
 とりあえず1台タブレットが家にあればいいという人にお勧めタイプ。




6. Nexus7(2012) 容量32gb WiFiタイプ
Google Nexus 7 (2012) Tablet (7-Inch, 32GB, Black)

 価格 24,800円で販売されています。Amazonでは20,800円で販売しているところもあります。
 映画、TV番組を数本、小説、漫画 何冊も入れて置けます。初めから中規模程度の書庫として使っていこうと想定している方向けのタイプです。




7. Nexus7(2012) 容量32gb WiFi+3Gタイプ
Google Nexus 7 (2012) Tablet (7-Inch, 32GB,3G, Black)

 価格 29,800円で家電量販店で販売されています。輸入品版を25,000円くらいで販売しているところもあります。
 WiFiルータを持ち歩き、操作する不便さから開放されます。SIMフリーなので、キャリアに縛られません。

 ただし、FomaのSimカードを使用する場合、山間部や郊外は入らないことがありますので下記のエリアを確認してから、検討してください。
Fomaサービスエリア  
※Nexus7 3GタイプはFOMAプラスエリアは非対応です。
※FOMAプラスエリア・・・山間部エリア
※カーナビ代わりに、Nexus7を使用し、山間部にドライブにいくと経路再検索ができなくなるので注意。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

| Nexus7の価格と種類 | 16:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

新旧Nexus7スペック比較

新旧Nexus7 スペック比較

 2013年7月 新Nexus7の販売が発表されました。(国内の発売日は未定)当初はOSに Android5.0 が来ると話題になっていましたがAndroid4.3 JellyBeanです。画面はさらに高解像度になり、500万画素の背面カメラも付きました。セルラー版ではLTEに対応します。

 サイズは初代よりも約2mm薄くなりました。横のベゼルも両サイドで各2.7mm狭く(合計約6mm)なっています。 重量も50g軽量になりました。

新旧Nexus7スペック比較3

 以下、新旧Nexus7のスペック比較表を紹介します。
(発表時の内容なので 多少の誤り、訂正内容は都度修正していきます)

 
製品名 (旧)Nexus 7(2012) (新) Nexus 7
ブランド Asus Asus
OS Android 4.2(Jelly Bean) Android 4.3(Jelly Bean)
ディスプレイ 7インチ 7インチ
IPS液晶 10ポイントマルチタッチIPSタッチパネル
解像度 1280 x 800  216PPI 1920x 1200  323PPI
プロセッサ NVIDIA Tegra 3 Snapdragon 600 S4 Pro
(Cortex-A9, 4コア 1.2GHz) APQ8064 1.5Ghz 4コア
GPU NVIDIA® GeForce® ULP Adreno 320
メモリ(RAM) 1GB DDR3L 2GB DDR3LM
ストレージ 8GB / 16GB / 32GB 16GB / 32GB
ポート類 micro USB micro USB
3.5mmヘッドホン/ヘッドセット 3.5mmヘッドホン/ヘッドセット
SDカード なし なし
前面カメラ 120万画素 120万画素
背面カメラ なし 500万画素
スピーカー モノラル ステレオ サラウンド
セルラー通信 (3G) ※セルラー版のみ (LTE/W-CDMA/GSM方式)※セルラー版のみ
ネットワーク ※セルラー版のみ ※セルラー版のみ
シムロックフリー GSM/UMTS/HSPA+ シムロックフリー LTE/GSM/UMTS/HSPA+
GSM/EDGE/GPRS(850、900、1800、1900 MHz) GSM/EDGE/GPRS(850、900、1800、1900 MHz)
3G(850、900、1700、1900、2100 MHz) 3G(850、900、1900、2100 MHz)(※北米版)
- LTE(700、750、850、1700、1900、2100 MHz)(※北米版)
WiFi 802.11 b/g/n 802.11a/b/g/n
nは2.4GHzのみ
HDMI なし あり
Bluetooth v3.0+EDR v4.0+HS,
GPS あり あり
NFC あり あり
バッテリー (4325mAh) (3950mAh)
バッテリー駆動時間 9.5時間 10時間
バッテリー充電時間 4時間 3.5時間
消費電力 約1.54W 約1W
電源 USB ACアダプター USB ACアダプター ワイヤレス充電「Qi」対応
サイズ 厚さ 10.45mm 厚さ 8.65mm
幅 120mm 幅 114mm
高さ 198.5mm 高さ 200mm
重さ 340g (WiFi) 290g (WiFi)
347 g (3G) 299 g (LTE)
価格 1万9800円 (16GB WiFi) 2万7800円 (16GB WiFi)
2万4800円 (32GB WiFi) 3万3800円 (32GB WiFi)
2万9800円 (32GB WiFi 3G) 3万9800円 (32GB WiFi LTE)
発売日 2012年7月13日(米国) 2013年7月30日(米国)
2012年9月25日(日本) 2013年8月28日(日本)
備考
センサー マイク マイク
NFC(Android ビーム) NFC(Android ビーム)
加速度計 加速度計
GPS GPS
磁力計 磁力計
ジャイロスコープ ジャイロスコープ
電子コンパス 電子コンパス
光センサ 光センサ
加速度センサ 加速度センサ
磁気センサ 磁気センサ



新旧Nexus7スペック比較2

  新旧Nexus7 ベゼル比較

新旧Nexus7スペック比較4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| 新旧Nexus7 スペック比較 | 23:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Nexus7の通信費用(ランニングコスト) 価格比較

Nexus7の通信費用(ランニングコスト)


 通信費用=月々のNexus7のランニングコストの例を紹介します。
 ここに掲載された価格は掲載時のものです。めやす的な数値として参考にしてください。



0円     家の中で使用する場合
0円     無料の公衆無線LANサービスを使用する 
       (セブンイレブン スターバックス  図書館等)
360円   有料の公衆無線LANサービスを使用する(例 Wi2 300

ここからは、3GとLTEに関する料金ですが、選択肢が多く次のポイントから考えます
・通信速度
・解約期間の縛りがあるか
・ポケットルータの料金
・通勤に都内の地下鉄を使用してるか?(WiMAXは不向き)
・一ヶ月の通信量の上限は
・初期費用は?(月額で安価に見せているサービスもある)

  MVNO


 初期費用 3150円+MVNO対応モバイルルータ(約5,000円~)
 月額料金 945円~
 MVNOとは、携帯電話の基地局などのインフラをドコモなどから借りて、携帯電話向けサービスを提供する事業者のことです。以下の様な月額1000円以下のデータ通信サービスを提供しています。


NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー<br /> d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352 価格:¥3,150
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352 価格:¥3,150

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 SIMパッケージ
価格: ¥ 3,150 
月額料金 980円
データ通信専用。

1.高速データ通信を1日の合計通信量30MBまで
 LTE(Xiエリア)下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
 3G(FOMAエリア)下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps
2. 1日の合計通信量が30MBに達した場合、当日の23時59分まで最大200kbpsに制限
(翌日には再び3G/LTEの高速データ通信が利用できます。)
3.最低利用期間なし、初月基本料金無料。





IIJ BIC SIMウェルカムパック 標準SIM 【ビックカメラオリジナル】価格:¥3,150
IIJ BIC SIMウェルカムパック 標準SIM 【ビックカメラオリジナル】価格:¥3,150

IIJ BIC SIMウェルカムパック ミニマムスタートプラン
価格: ¥ 3,150 
月額料金 945円
データ通信専用。

1.普段は最大200kbps。
2. クーポンのチャージ時は(アプリでタイミングを操作可能)
 LTE(Xiエリア)下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
 3G(FOMAエリア)下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps
3. 毎月500MBのクーポンが付与されます。
 (翌月への繰越不可)
4.最低利用期間は、利用開始日の翌月末日まで
5.イオンでも販売されている店舗があります。
 イオン取扱店 https://www.iijmio.jp/aeon/detail.html
 (タイミングがよければモバイルルータが貰えます)



BIGLOBE LTE・3G ライトSプラン

価格: ¥ 3,150 
月額料金 1,980円
1. 普段は
  LTE(Xiエリア)下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
  3G(FOMAエリア)下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps
2. 月間の通信量が1GBを超えると、通信速度を送受信最大128kbpsに制限されます。
3.定期利用契約(24カ月目)の更新月を除き、解約時に、以下のプラン契約解除料のお支払いが必要。
  プラン契約解除料: 9,975円



  WiMAX


 WiMAXは建物内は電波が届かないため、東京都内地下鉄通勤の人には不向きですが、それ以外はエリアが広く選択しやすい通信です。WiMAX+525円の料金でau 3Gエリアも使えるようになります。
初期費用: ¥ 0 
月額料金 3,801円 (モバイルルータ代込み) 
1. 下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps
2. データ通信量制限なし
3.定期利用契約(12カ月目)の更新月を除き、解約時に、以下のプラン契約解除料のお支払いが必要。
  プラン契約解除料:(1年目9,975円、2年目以降5,250円)
4. 初期費用3,150円、月額料金525円でau 3Gエリアも使えます。






  EMOBILE


EMOBILE LTE接続サービス

初期費用: 3,150円 (別途、端末代金が必要)
月額料金 3,880円
1. LTEエリア 下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
  3Gエリア  下り最大21Mbps/上り最大5.8Mbps
2. 月間の通信量が5GBを超えると、通信速度を送受信最大128kbpsに制限されます。
3.定期利用契約(24カ月目)の更新月を除き、解約時に、以下のプラン契約解除料のお支払いが必要。
  プラン契約解除料:(9,975円)





  e-ca レンタルサービス


 普段は公衆無線LANサービスで充分だけど、旅行先では外でもインターネットを使いたい人にはレンタルサービスもあります。

1.1日プラン 970円×日数+発送時の送料全国一律700円+返却時の送料(自己負担)
2.月額プラン 5,180円~/月+発送時の送料全国一律700円+返却時の送料(自己負担)
3.レンタルの開始日は、端末の到着予定日です。
4.レンタルの終了日は、宅配会社の荷物追跡システム上での受付日





 上記はランニングコストの例です。通信量上限、解約縛りの期間等がありますので注意
とりあえず、という人は解約期間の縛りの無いものを
縛りが2年でも、快適な通信がしたい人は、じっくり選んでください。



関連トピック (Nexus7でインターネット通信)


Nexus7で通信するには
通信費用(例)
自宅の通信環境を整える
無料の公衆無線LANサービスに登録する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| 通信費用(ランニングコスト) | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Nexus7で通信するには wifiの説明

Nexus7で通信するには


 本で販売されているNexus7はWiFi対応です。3Gは使えません。
(3Gモデルも日本での販売開始されました 2013 2月~)
 という説明を聞いても???という方に、簡単な通信の説明です。


家 WiFi
Wifiとは
家の中で使用できる程度の距離の無線通信のことです。
無線LANルータを使っている家庭はWiFiを使用していると言えます。






コンビニ WiFi衆無線LANサービスとは
家庭用WiFiルータとほぼ同じ様なものを、町中の施設に設置したものです。
駅の構内、コンビニ、図書館、喫茶店など 建物の範囲内でWiFi通信ができます。

無料の公衆無線LANサービスに登録する」参照




3Gとは
NTTなどのアンテナからでる電波で通信します。
・WiFiタイプのNexus7が3G通信をするためには、モバイルルータと呼ばれるものを介して行います。
  Nexus7<WiFi>モバイルルータ<3G>電波塔

・3GタイプのNexus7は 直接電波塔と通信できます
  Nexus7<3G>電波塔
山 3G




LTEとは  
3Gの通信速度をもっと早くしたものです。インターネットで動画視聴にはLTEの通信速度が必要です。
各キャリアでLTEのサービス名は違います。
 NTTドコモ          Xi(クロッシィ)
 KDDI au          4G LTE
 ソフトバンクモバイル   SoftBank 4G LTE
 イー・モバイル        EMOBILE LTE









関連トピック (Nexus7でインターネット通信)

Nexus7で通信するには
通信費用(例)
自宅の通信環境を整える
無料の公衆無線LANサービスに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| 通信の種類 | 00:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。